tophoto01.jpg exterior-edit.jpg

保険の「」を なるほど に!!
保険の事で悩んだら 0120-66-8164

株式会社 M・T・Cとは?

株式会社M・T・Cは、保険会社とお客様との間に立つ代理店です。
保険は支払うときに効力を有するものです。なにかあっても、当社へ1本電話頂くだけで煩わしさはありません。
もちろんご請求忘れの心配の必要もありません。

災害への備え
緊急時災害情報
楽天損保の自転車保険
楽天損保のゴルフ保険
エコアクション
終活カウンセラー協会
MoneySchool101

2022.10.4 〇〇の秋!ランキング!!あなたの1位は? New!!

1位 食欲の秋      6位 旅行の秋
2位 スポーツの秋    7位 睡眠の秋
3位 読書の秋      8位 音楽の秋
4位 芸術の秋      9位 行楽の秋
5位 紅葉の秋       10位   実りの秋
          ※みんなのランキングより引用
 
待望の秋到来!!
暑――い夏も終わり、過ごしやすい季節になりましたね。たくさんの事がしたいです。そこで超欲張りプランを勝手に考えてみました~!
 
旅行支援を使用して、小気味のいい 音楽を聴きながら 行楽に出掛け、 紅葉を横目に ウォーキングしてひと休み、まるで絵画のように 芸術的な紅葉の下で 読書をした後、美味しい 実りお食事をいただき、温泉やマッサージで癒され、非日常的なラグジュアリーなマットで極上の 睡眠を取る!』
 
こんなプランいかがでしょうか? (#^.^#)
 
また、きらら博記念公園では 108日(土)・ 9日(日)にゆめ花マルシェ 2022“人と自然と遊びの誰でも楽しめるイベント”が、 1022日(土)・ 23日(日)にはワークショップやキッチンカー、フードブースで1日中楽しめる、中国地方最大級のハンドメイドイベントが帰ってくるそうです!!
ご家族やご友人と足を運んでみられてはいかがでしょうか?
 

 

※きらら情報局HPより

2022.9.15 3年ぶりの開催!! 

まだまだ暑い日差しが続いておりますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
917日、18日、19日には山口県の野外フェス『WILD BUNCH FEST.2022』が開催されますね。
2020年、2021年には新型コロナウイルスにより中止となり3年ぶりの開催となります。
豪華アーティスト48組による今年最後の夏を楽しんでみてはいかがでしょうか。
参加される方は熱中症対策、コロナ対策をしっかりと行い、楽しみましょう!!


2022.8.30 秋の訪れはすぐそこまで?? 

皆様、まだまだ暑い夏が続きますがいかがお過ごしでしょうか?
最近では朝や夜はエアコンなしでも過ごせる日が増えているように感じます。
西日本では昼間はまだ暑いですが少しずつ秋が近づいてきているのでしょう。
皆様、夏にやり残したことはないでしょうか?
まだまだ夏を楽しんでいきましょう!!


2022.8.18 残暑お見舞い申し上げます!! 

今年は3年ぶりの行動制限のないお盆!
久しぶりにおじいちゃん、おばあちゃん、お子さんやお孫さんに会えて素敵なお盆を過ごされたことでしょう♪美味しいお食事や素敵な場所へ行かれて充電はできましたか?
まだまだ暑い日が続きそうですが、笑顔とたのしい時間を思い出しながらみんなで乗り切って行きましょう!!

2022.7.29 セミナーのご紹介 New!!

コンサルティングネットワーク協会主催の防府市で開催されるキッズプログラミング体験&金融教育セミナーのご案内
お申込はこちらから お申込

2022.7.1 3年ぶり宇部市花火大会!!

7/23に待望の花火大会が時短で開催されるようです。
記録的な速さの梅雨明け、記録的な暑さ、節電と不穏な
ニュースの中での嬉しいお知らせ!
浴衣を来て  Let’s G o

2022.5.16 セミナーのご紹介 

コンサルティングネットワーク協会主催の防府市で開催されるキッズプログラミング体験&金融教育セミナーのご案内
お申込はこちらから お申込

2022.5.9 ~バラが見頃を迎えます!!~ 

この時期、山口宇部空港では約 190品種、約 1000本のバラが咲き誇ります。
5月中旬から下旬にかけて、イングリッシュガーデンのように素敵な空間が広がっています。
休憩スペースもあり、お天気の良い日にはご家族やお友達とお出掛けされてはいかがでしょうか。

2022.4.5 セミナーのご紹介 

コンサルティングネットワーク協会主催の防府市で開催されるキッズプログラミング体験&金融教育セミナーのご案内
お申込はこちらから お申込 
                                                                                                                                 

2022.4.1 セミナーのご紹介

コンサルティングネットワーク協会主催の防府市で開催されるキッズプログラミング体験&金融教育セミナーのご案内
お申込はこちらから お申込 

 

 ご存じですか?

新型コロナウィルスに感染した場合、自宅療養でも医療保険が対象となる場合があることをご存じでしょうか?               「え!!そうなの!!」と思われた方。
現在加入中の保険が対象となるかご確認されたい方。                                                  ご連絡お待ちしております。


もしもの時の安心システム

保険は支払うときに効力を有するもの。通常の場合お客自身が、保険会社さんに電話し請求します。様々な保険会社と契約しているとたいへん。
MTCはお客様と保険会社の間に立つ立場。なにかあっても、当社へ1本電話頂くだけで煩わしさはありません。ご請求忘れの心配もありません。
通常の保険加入スタイル
株式会社M・T・Cの加入スタイル

保険や経営の悩みを解決する専門家をご紹介

あなたの悩みをワンストップでバックアップ!

MTCが抱えるC・N・S は保険や経営に関する専門家集団です。
お気軽にご相談ください。
※ セミナーなども実施しています。ホームぺージでご確認ください。
 
 

保険ショップとは?

 
自宅や職場での加入が一般的だった保険も、最近ではご自分の都合に合わせて店に出向き、パンフレット見て、比べて、購入されるお客様が増えています。
そんなニーズにお応えし、全国で続々オープンしているのが「保険ショップ」。オープンな雰囲気で気軽に立ち寄れる新しい保険の相談窓口として注目をあびています。
 

保険ショップの活用法


各営業所にてご相談を承っております

 
現在ご加入中の保険の見直しから、あなたに最適な保険のご提案まで、お客様本位の細やかなご対応をさせていただきます。
ご家族の構成や収入、健康状態、生活習慣などによって、ピッタリな保険プランは異なるもの、MTCはあなた本来のご要望に合った最適な保険プランを、ご提案します。
まずは、お気軽に近くの営業所へご相談ください。

 
 

株式会社M・T・C 本店

〒755-0076  山口県宇部市大小路3-8-36
TEL:0836-21-4777 FAX:0836-21-4727
  
 
 
 
 

株式会社M・T・C 大内店

〒753-0814 山口県山口市大内長野581
ザ・ビッグ大内店1F
TEL:083-927-4777 FAX:083-927-4737
 
 
 
 
 
 

株式会社M・T・C 周南店

〒745-0027 山口県周南市糀町2-28
TEL:0834-32-4777 FAX:0834-22-4727
 
 
 
 
 

株式会社M・T・C 小倉店

〒802-0015 北九州市小倉北区大田町1-23
遠電ビル2F
TEL:093-513-4777 FAX:093-513-4727
 
 
 
  
 
様々な保険会社・保険プランの中から、あなたに合うものを探しご提案します。
保険会社・保険プランはたくさんあります。
家族の構成や収入、健康状態、生活習慣などによって、ピッタリな保険プランは異なるもの。
MTCは、あなた本来のご要望に合った最適な保険プランを、ご提案します。

 生命保険会社

 
 
 
 
 
 
  
 
 
 
 
 
 

損害保険会社

 
 
 
 
 
 
 
 

小規模短期保険会社

 
 

その他の保険会社


 アフターフォローも安心!
ご加入後の面倒な手続き、その後の相談もおまかせ!

 

ご相談ランキング

 
1位 保険料を安くしたい
2位 更新で保険料が上がらないように
3位 保険の内容が合っているか
4位 病気の時の保険を充実したい
 
家族全員がベスト!
お気軽に、どうぞ
キッズスペースもご用意してあります。
 
お客様の保険に関する疑問や将来への不安を
丁寧にお伺いします。
ご加入中の保険内容もチェック!
 
必要保障と現在の保険内容を比較。

問題なしならココで終了となります。

 
無理な勧誘は一切いたしませんので
お気軽にどうぞ。

わからない事がありましたら、お気軽にお問合せください。

Q.保険分析を受けたら、必ず新しい保険に入らないといけないの?
A.いいえ、そんな事はありません。分析がMTCのモットーです。ご加入中のプランの継続が望ましい場合にはそのようにお話させて頂いておりますし、お客様のご希望により近い商品があればその商品をご紹介しております。
 
Q.MTCが扱っていない保険会社の保険でも、分析してもらえるのですか?
A.はい、大丈夫です。基本的な保障の仕組みは共通するものですので、加入されている会社を問わず、お気軽にご相談下さい。
 
Q.なぜ見直しは大事?
A.結婚・出産など、ライフステージが変われば保険に対するニーズも変化します。いざという時に『こんなはずではなかったわ』にならない為に、節目節目の確認は大切な事です。


【 当社の経営理念 】

社名「M・T・C」は、「meet(出逢)」「thanks(感謝)」「create(創造)」から頭文字をとり、『人との出逢いに感謝して新しいものを創り出す会社』という意味をもっています。
当社は、『お客様が本当に喜んで頂けるものは何かを常に考える会社』です。
 

【 当社の目標 】

・お客様のご要望を把握し、最適な保険をお勧めするために、必要な知識とスキルを身につけるための
  継続教育に力を入れています。
・お客様にとって何が最善であるかを常に考え、本当に必要なものを提供するため、お客様のご家族や資産の
  状況からご要望に至るまで、徹底的にヒアリングをおこなっています。
・お客様を「孫の代まで」お守りできる会社であり続けるため、お客様・会社・地域社会の利益を追求し続けるとともに、
  コンプライアンスを遵守してまいります。
 

【 当社のコンプライアンス基本方針 】

当社は、コンプライアンスを経営上の最重要課題のひとつとして位置づけています。 当社の役職員は社会的責任を常に意識して行動し、各種法令・ガイドライン、当社の社内規程・コンプライアンスマニュアル及び社会的規範を遵守し、社会の期待と要請に応えるべく誠実な活動を実施し、経営理念の実現に向け、事業活動のあらゆる場面でコンプライアンスを徹底し、企業倫理を確立します。
 

1.コンプライアンスの徹底

【 方針 】
・当社の役職員は、法令等の遵守を確保し適正な保険募集をおこないます。
・当社は、コンプライアンスを遵守し、役職員に定期的に研修教育をおこないます。
【 取り組み 】
・上記方針を達成するため、「法令等遵守規程」及び「保険募集管理規程」を策定しています。
・コンプライアンスを遵守するために、毎月の定例会議にて役職員に研修を実施し、社内テストを実施しています。
・当社の役職員は、自己チェックシートにて、各自の業務状況の自己点検をおこなっています。
・取扱保険会社による代理店点検、年1回の外部の専門家(弁護士)による監査で、当社の内部管理体制の
  現状を認知し、態勢の向上に努めています。
 

2.利益相反の防止

【 方針 】
・当社は、お客様との取引に伴う利益相反により、お客様の利益を害することのないよう、保険募集管理態勢を整備し、
  その維持・向上に努めます。
【 取り組み 】
・上記方針を達成するため、「保険募集管理規程」、「推奨方針」及び「意向把握及び比較・推奨販売に関する規則」を
  策定しています。
・当社では、お客様の利益を第一に考えています。そのため、当社募集人には保険会社から支払われる
  手数料を開示しておりません。募集人がお客様の利益に集中できるような仕組みをとっています。
・お客様のご意向を的確に把握し、保険業法が定める意向把握義務を適切に遂行するよう、社内勉強会等を通じて、
  社内規程等を周知しています。
・募集プロセス(保険提案の過程)を「コンサルティングシート」に記入して記録化し、責任者がその内容を点検して、
  適切な意向把握、比較・推奨等がなされているかを確認・検証しています。万が一、不適切と疑われる募集活動が
  見受けられた場合は、当該担当者を厳格に指導し、改善するよう努めています。
 

3.わかりやすい情報提供

【 方針 】
・当社では、お客様のご意向に沿った最適な商品提案をおこない、お客様に正しく保険を理解していただくための
  必要な情報をお客様に十分に理解いただけるようわかりやすいご説明に努めています。
【 取り組み 】
・上記方針を達成するため、「保険募集管理規程」、「保険募集に関するマニュアル」、及び「意向把握及び比較・
  推奨販売に関する規則」を策定しています。
・お客様の取引経験や金融知識等を考慮のしながら面談を進め、専門用語を排した分かりやすい表現を用いて
  説明をおこなっています。
・リスクの高い保険商品(外貨建て保険、変額保険等)を提案する場合は、リスクとリターンの
  関係などの基本的な構造を含め、丁寧に時間をかけて情報提供をおこなっています。
・当社の定めたルールに則した保険提案の実施状況を点検するため、定期的に募集人のロール・プレイング研修を
  おこなっています
 

4.お客様の声への対応

【 方針 】
・当社では、お客様の声は、「お客様の信頼の確保、事業の成長、さらなるサービスの向上の実現のための
  重要な情報である」と認識し、お客様の声を広く吸い上げ、お客様の声に適切に対応する態勢を構築します。
【 取り組み 】
・上記方針を達成するため、「顧客サポート等管理規程」を策定しています。
・当社では、役職員全員が毎月「お客様の声(苦情・ご要望・お言葉)」を集めています。
・受け付けた「お客様の声」は、速やかに社内全体で共有し、迅速に対応するように取り組んでいます。
  また、「お客様の声」を集約・分析し、その結果を踏まえて当社の態勢の向上に取り組んでいます。
 

5.お客様本位の業務運営のための従業員教育

【 方針 】
・当社では、適正な業務運営をおこなうため、そして、従業員のコンプライアンス意識向上のため、
  教育研修を通じて、各種規程・マニュアル等の内容の周知徹底を図り、募集品質の向上に努めています。
【 取り組み 】
・保険業法や金融当局の行政指針等のコンプライアンスに関する研修を定期的に実施し、役職員の意識向上に努めています。
・すべての募集人が高いコンサルティング能力を身に付けるために、FP技能士の資格取得を継続的に推進して、
  業務評価の対象としています
・お客様保護の観点から、適合性の原則を遵守し、商品特性・リスク特性については適切な説明がなされるよう
  定期的に研修を実施し、その実施状況の検証に努めています。
・マネーロンダリング、及びテロ資金供与等の疑わしい契約に関与することがないよう募集人に対して研修を
  おこなっています。また、契約時、及び契約後の記録を保存することにより管理・検証をおこなっています。


① 目的

当社は『お客様が本当に喜んで頂けるものは何か常に考える』を経営理念として活動しています。創業以来、お客様一人一人のご家族やご事情に合わせた保険商品を提案してまいりました。(適合性の原則)
保険による守り(保障)はとても大切ですが、人生をより豊かにするためには、資産を効率よく増やしていくことも大切な時代になりました。
当社は、金融商品取引業者(証券会社)と業務委託契約を締結することで、今までより豊富な金融商品の品揃えを実現しました。これにより、お客様のご要望、ご経験に適った金融商品への投資をご提案できるようになりました。
 

② 金融商品仲介業とは?

金融商品仲介業とは、証券会社等以外の法人又は個人が、内閣総理大臣の登録を受けることで金融商品の媒介等を行うことができる業であります。特徴としまして、複数の金融商品取引業者と業務委託契約を締結することが可能な点にあり、当該契約により多彩な金融商品を取り揃えることができます。
金融商品仲介業者(=IFA)は、投資家の皆様に対しまして金融商品の媒介業務等に限られ、お客様からの受渡しに係る金銭の授受や有価証券の預託等は認められておりません。お取引成立等における受渡し(ご入金)は、お客様がお取引された金融商品取引業者との間で行って頂くこととなります。なお、ご出金につきましては、当社にご用命頂けましたらお手続きをさせて頂きます。
 

③ 金融商品仲介業のしくみ

 

 

④ 各種表示

 
1. 社名
株式会社M・T・C    登録番号:中国財務局長(金仲)第82号
所属金融商品取引業者:東海東京証券株式会社    登録番号:東海財務局長(金商)第140号
 
2. 代理権について   
当社は、所属金融商品取引業者の代理権は有しておりません。
当社は、金融商品仲介業に関して、お客様から直接、金銭や有価証券のお預かりをすることはありません。
 
3. 手数料等について
商品等への投資には、各商品等に所定の手数料等(例:投資信託の場合は所属金融商品取引業者等および銘柄ごとに設定された販売手数料および信託報酬等の諸経費等)をご負担いただく場合があります。
外貨建ての商品の場合、円貨と外貨を交換、または異なる外貨間での交換をする際には、外国為替市場の動向に応じて所属金融商品取引業者等ごとに決定した為替レートによるものとします。
 
4. リスクについて
各商品等には株式相場、金利水準、為替相場、不動産相場、商品相場等の価格の変動等および有価証券の発行者等の信用状況(財務・経営状況含む。)の悪化等、それらに関する外部評価の変化等を直接の原因として損失が生ずるおそれ(元本欠損リスク)、または元本を超過する損失を生ずるおそれ(元本超過損リスク)があります。※上記の手数料、リスク等は商品毎に異なりますので当該商品の契約締結前交付書面や目論見書、お客様向け資料等をよくお読みいただきご確認ください。
 
5. ご相談はこちらから
電話番号(携帯)090-6846-4777(担当:野邑、山縣)


当社は、個人情報保護の重要性に鑑み、また保険業に対するお客さまの信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)、その他の関係法令、関係官庁からのガイドラインなどを遵守して、個人情報を厳正・適切に取扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。
 当社は、個人情報の取扱いが適正に行われるように、従業者への教育・指導を徹底し、適正な取扱いが行われるよう取り組んでまいります。また、個人情報の取扱いに関する苦情・ご相談に迅速に対応し、当社の個人情報の取扱いおよび安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。
 

1.個人情報の取得 

当社は、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個入情報を取得・利用します。
 

2.個人情報の利用目的

当社は、取得した個人情報を、保険会社から保険募集業務の委託を受けて、当該業務の遂行に必要な範囲内で利用します。また、弊社は複数の保険会社と取引があり、取得した個人情報を取引のある保険会社の商品・サービスをご提案するために利用させていただくことがあります。弊社における具体的な個人情報の利用目的は次のとおりであり、それら以外の他の目的に利用することはありません。
 ○弊社が取扱う損害保険、生命保険およびこれらに付帯・関連するサービスの提供
 上記の利用目的を変更する場合には、相当の関連性を有すると合理的に認められる範囲で行い、その内容をご本人に対し、原則として書面などにより通知し、または弊社のホームページ[http://www.jp-mtc.com]などにより公表します。弊社に対し保険募集業務の委託を行う保険会社の利用目的は、それぞれの会社のホームページに記載してありますのでご確認ください。
 

3.個人データの安全管理措置

当社は、取り扱う個人データの漏えい、減失またはき損の防止、その他個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程などの整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するための適切な措置を講じています。
当社は、個人データの安全管理措置に関する社内規程を別途定めており、その具体的内容は主として以下のとおりです。安全管理措置に関するご質問については、下記のお問い合わせ窓口までお寄せください。
(1)基本方針の整備
個人データの適正な取扱いの確保のため、「関係法令・ガイドライン等の遵守」、「安全管理措置に関する事項」、「質問および苦情処理の窓口」等について本基本方針を策定し、必要に応じて見直しています。
(2)個人データの安全管理に係る取扱規程の整備
「取得・入力」「利用・加工」「保管・保存」「移送・送信」「消去・廃棄」の各段階で整備し、取扱方法、責任者・担当者およびその任務等についての規程を整備し、必要に応じて見直しています。
(3)組織的安全管理措置
・個人データの管理責任者等の設置
・就業規則等における安全管理措置の整備
・個人データの安全管理に係る取扱規程に従った運用
・個人データの取扱状況を確認できる手段の整備
・個人データの取扱状況の点検及び監査体制の整備と実施
・漏えい等事案に対応する体制の整備
(4)人的安全管理措置
・従業者との個人データの非開示契約等の締結
・従業者の役割・責任等の明確化
・従業者への安全管理措置の周知徹底、教育及び訓練
・従業者による個人データ管理手続の遵守状況の確認
(5)物理的安全管理措置
・個人データの取扱区域等の管理
・機器及び電子媒体等の盗難等の防止
・電子媒体等を持ち運ぶ場合の漏えい等の防止
・個人データの削除及び機器、電子媒体等の廃棄
(6)技術的安全管理措置
・個人データの利用者の識別及び認証
・個人データの管理区分の設定及びアクセス制御
・個人データへのアクセス権限の管理
・個人データの漏えい・毀損等防止策
・個人データへのアクセスの記録及び分析
・個人データを取り扱う情報システムの稼動状況の記録及び分析
・個人データを取り扱う情報システムの監視及び監査
(7)委託先の監督
個人データの取扱いを委託する場合には、個人データを適正に取り扱っている者を選定し、委託先における安全管理措置の実施を確保するため、外部委託に係る取扱規程を整備し、定期的に見直しています。
(8)外的環境の把握
個人データを取り扱う国における個人情報の保護に関する制度を把握した上で安全管理措置を実施しています。万が一、問題等が発生した場合は、速やかに適切な是正対策を行います。
 

4.個人データの第三者への提供

当社は、次の場合を除き、あらかじめご本人の同意なく第三者に個人データを提供しません。
(1)法令に基づく場合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(3)公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき
(4)国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき    (5)当該第三者が学術研究機関等である場合であって、当該第三者が当該個人データを学術研究目的で取り扱う必要があるとき(当該個人データを取り扱う目的の一部が学術研究目的である場合を含み、個人の権利利益を不当に侵害するおそれがある場合を除く。)
また、個人データを第三者に提供したとき、あるいは第三者から取得したとき、(個人関連情報を個人データとして取得する場合を含みます。)提供・取得経緯等確認を行うとともに、提供先・提供者の氏名等、法令で定める事項を記録し保管します。
 

5.センシティブ情報の取扱い

当社は、要配慮個人情報(人種、信条、社会的身分、病歴、前科・前歴、犯罪被害情報などをいいます)ならびに労働組合への加盟、本籍地、保健医療等(これらのうち要配慮個人情報に該当するものを除く)に関する情報(センシティブ情報)については、次の場合を除き、原則として取得、利用または第三者提供を行いません。
(1)法令等に基づく揚合
(2)人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある揚合
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のため特に必要がある揚合
(4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある揚合
(5) 保険料収納事務等の遂行上必要な範囲において、政治・宗教等の団体若しくは労働組合への所属若しくは加盟に関する従業員等のセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する揚合
(6) 相続手続を伴う保険金支払事務等の遂行に必要な限りにおいて、センシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する揚合
(7) 保険業の適切な業務運営を確保する必要性から、本人の同意に基づき業務遂行上必要な範囲でセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
 

6.個人番号および特定個人情報の取扱い

当社は、「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」において定められた特定個人情報を収集・保管、利用または第三者提供を行いません。保険金や年金等で、特定個人情報が必要な場合は保険会社から案内します。
 

7.個人情報保護法に基づき保有個人データの開示、訂正、利用停止等

個人情報保護法に基づく保有個人データに関する開示、訂正または利用停止などに関するご請求については、ご請求者がご本人であることを確認させていただいたうえで手続きを行います。保険会社や他社の保有個人データに関しては当該会社に対してお取次ぎいたします。当社の保有個人データに関し、必要な調査を行った結果、ご本人に関する情報が不正確である場合は、その結果に基づいて正確なものに変更させていただきます。なお、上記開示などのお手続きについては所定の手数料をいただきます。手続きを希望される方は、下記お問い合せ先までお申し付け下さい。
 

8.お問い合せ先

ご連絡先は下記のお問い合わせ窓口となります。また保険事故に関する照会については、下記お問い合わせ窓口のほか、保険証券記戦の保険会社の事故相談窓口にもお問い合わせいただくことができます。なお、ご照会者がご本人であることを確認させていただいたうえで、対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。
【お問い合わせ先】
<代理店名> 株式会社 M・T・C
<代表者名> 野邑英介  岡村典子
<所  在  地> 〒755-0076 山口県宇部市大小路3-8-36
<電話番号> 0836-21-4777
<受付時間> 9時から17時まで
<Email> office@jp-mtc.com
<ホームページ> http://www.jp-mtc.com/
※弊社からのEメール、ダイレクトメール等による新商品・サービスのご案内について、ご希望されない場合は、下記のお問い合わせ先までお申し出ください。


「金融サービスの提供に関する法律」に基づき、保険商品をはじめとする各種金融商品の販売における勧誘方針を次のとおり定め、これに基づいて販売活動を行います。
 
1.保険業法、金融サービスの提供に関する法律、消費者契約法およびその他の各種法令等を遵守し、適切な販売に努めます。
なお、販売に際しましては、商品の重要な事項について、お客さまにご理解いただけるよう努力して参ります。

2.お客さまの商品に関する知識・加入経験・加入目的・財産状況等を総合的に勘案し、お客さまの意向と実情に適合した説明により、適切な商品が選択できるよう努力して参ります。

3.商品の勧誘にあたり、お客さまの立場にたって、勧誘時間、勧誘場所についても十分に配慮します
また、お客さまと直接対面しない販売(例えば通信販売等)を行う際にも、説明方法等を工夫し、お客さまにご理解いただけるよう努力して参ります。

4.万が一保険事故が発生した場合、事故の解決と保険金のお支払いについては、迅速かつ的確に行なわれるよう努力して参ります。

5.お客さまに関する情報は、契約の引受と円滑な保険金等の支払いのため弊社にお知らせ頂きますが、適正な取扱いにより個人情報の保護に努めて参ります。

6.お客さまの様々なご要望・ご意見の収集に努めるとともに、それを今後の販売業務に反映していくよう努力して参ります。


2021年11月1日改定

※「金融サービスの提供に関する法律」については金融庁ホームページをご参照下さい




24時間 365日


平日:17:00 - 20:00
土日・休日:24時間

24時間 365日

24時間 365日

 

自動車  

それ以外 

 

【SDGsとは】

Sustainable
Development
Goals
 

【継続可能な開発目標】

国連サミット(2015)で採択後、ダボス会議(2017)にて、SDGsの巨大な経済効果が発表される。 12兆ドルの経済価値→3億8000万人の雇用→2030年までの達成目標
 

【SDGs 17の目標】

1.貧困をなくそう 2.飢餓をゼロに
3.すべての人に健康と福祉を
4.質の高い教育をみんなに
5.ジェンダー平等を実現しよう
6.安全な水とトイレを世界に
7.エネルギーをみんなに そしてクリーンに
8.働きがいも経済成長も
9.産業と技術改革の基盤を作ろう
10.人や国の不平等をなくそう
11.住み続けられる町づくりを
12.つくる責任 つかう責任
13.気候変動に具体的な対策を
14.海の豊かさを守ろう
15.陸の平和を守ろう
16.平和と公正をすべての人に
17.パートナーシップで目標を達成しよう
 

SDGsの詳しい情報(外務省)はコチラ
 
 

株式会社MTCのSDGsへの取り組み

 
上記1.2.4に該当
保険は病気や災害などで大切な家族を亡くしたり、働けなくなった家庭の子どもたちに経済的な保証(補償)ができます。 また、企業の福利厚生として死亡やケガや病気や事故等の保証(補償)をカバーすることで企業を守ることはもちろん従業員の方々の生活の定と安心につながります。
株式会社MTCは生命保険・傷害保険の販売・保険金請求のお手伝いを行うことだけでなく、取り扱い保険会社に上記、SDGsに対応する新商品の開発の提案を継続的に行っています。
 
上記5.8.17に該当
男女問わず社会貢献に意欲のある誠実な人材を積極的に採用しています。また、弊社では働き方も多様性を重視して社員ひとりひとりに合わせ働きやすい環境づくりを常に心がけています。
これから多様化する時代。またAIの台頭がある中、人と人のつながりが求められる時代になります。
SDGsの目指す「誰も置き去りにしない」社会を実現化するためには、弊社の会社員・社員の家族が心から幸せだと感じることができる会社を株式会社MTCが全員で目指します。


社 名

株式会社 M・T・C

役 員

取締役会長 岡村憲二

代表取締役社長 野邑英介 

代表取締役専務 岡村典子

監査役 正木大介

資本金

1,000万円

本 社

〒755-0076 山口県宇部市大小路3-8-36 

TEL : 0836-21-4777 FAX : 0836-21-4727

大内店

〒753-0211 山口県山口市大内長野581 ザ・ビッグ大内店1F

TEL : 083-927-4777 FAX : 083-927-4737

周南店

〒745-0027 山口県周南市糀町 2-28

TEL : 0834-32-4777 FAX : 0834-22-4727

小倉店

〒802-0015 福岡県北九州市北区大田町 1-23 遠電ビル2F

TEL : 093-513-4777、0120-03-8164 FAX : 093-513-4727

事業内容

損害保険代理業
生命保険募集代理店業
保険に関わる総合コンサルティング

顧問弁護士

牛見 和博 (弁護士法人 牛見総合法律事務所)

内部監査担当

吉田 桂公 (のぞみ総合法律事務所)

顧問社会保険労務士

宇多村 忍 (宇多村社会保険労務士事務所)

顧問税理士

井上 徹 (井上徹税理士事務所)

提携公認会計士

河口 雅邦 (河口雅邦公認会計士・税理士事務所)

吉谷 一成 (山口県事業承継アドバイザリー株式会社)

提携司法書士

西村 伸一 (にしむら司法書士事務所)

福島 真理 (福島真理司法書士事務所)

提携税理士

西川 康彦 (西川康彦税理士事務所)

提携行政書士

正木 大介 (正木行政書士事務所)

提携社会保険労務士

村田 力 (有限会社社会保険適用事業主連盟)